MENU

カテゴリー

高卒と大卒の年収差が100万円もあるのは昇給スピードが遅いから!

高卒と大卒の年収差が100万円もあるのは昇給スピードが遅いから!

この記事でわかることをチェック!

タップして移動できるよ!
高卒と大卒の平均年収の差は100万以上

高卒の昇給スピードは大卒の半分以下

高卒女性の昇給スピードは高卒男性の半分以下

高卒男性の年収1位の業界は「金業・保険業」

高卒女性の年収1位の業界は「 電気・ガス・熱供給・水道業」

年収アップの方法は「専門性」「転職」「実力主義」の3つ

未経験からの転職を叶えるなら‼

こんなサポートが受けれる!

未経験に特化した履歴書作成や面接練習などの選考対策!

40,000件の求人からあなたに合った企業が見つかる!

いつでも、どこでもLINEや電話で相談できるから安心!

見たい場所から見れるよ!

【高卒と大卒】年収の差は100万以上

高卒と大卒の年収を比べてみよう!

平均年収
高卒3,285,600円
大卒4,353,600円

高卒の平均年収は 328万5600円 となりました。
日本の平均年収が405万円ですので、日本の平均年収より70万以上も低い結果となりました。

また、大卒と比べても、100万以上も高卒の方が年収が低くなります。
年収で100万ですので、月収に換算してみると、8万以上も給料が上がる計算になります。

ナンバ先輩

100万円もあったら、世界一周いけるで!

【学歴と性別】昇給スピードが半減します

高卒と大卒の年収の推移を比較

高卒の年収推移をチェック!

高卒平均年収前年代との差額
20代2,599,800円
30代3,096,600円+ 496,800円
40代3,546,600円+ 450,000円
50代3,749,400円+ 202,800円
60代2,916,600円– 832,800円

大卒の年収推移をチェック!

大卒平均年収前年代との差額
20代2,992,800円
30代3,952,800円+ 960,000円
40代4,920,600円+ 967,800円
50代5,796,000円+ 875,400円
60代4,207,200円– 1,588,800円

高卒と大卒の年収は、最大で50代に200万円以上の差があります。

さらに、高卒と大卒の給料の上がり具合を見てみると、大卒は各年代ごとに平均で90万以上も給料が上がっています。
しかし、高卒は大卒の約半分の40万しか給料が上がっていません。

このように高卒と大卒の年収に差がある理由のひとつとして、高卒の昇給スピードが大卒の半分以下、という要因があります。

そのため、高卒と大卒ともに、60代で平均年収が下がっていますが、大卒の方が高卒よりも約2倍の年収が下がっているのに、大卒の方が120万以上年収が高いのです。

ナンバ先輩

高卒の方が初年度の年収も40万ぐらい低いやん…

私たちは、高卒・フリーターの方向けに
転職サポートを行う”転職エージェント”です!

\\\ ご応募はこちらから! ///

高卒男性と高卒女性の年収の推移を比較

高卒男性の年収推移をチェック!

 男性 平均年収 前年代との差額
 20代2,703,600円
 30代3,306,000円+ 602,400円
 40代3,879,600円+ 573,600円
 50代4,180,200+ 300,600円
 60代3,122,400円– 1,057,800円

高卒女性の年収推移をチェック!

 女性 平均年収 前年代との差額
 20代2,392,800円
 30代2,607,600円+ 214,800円
 40代2,783,400円+ 175,800円
 50代2,893,800円+ 110,400円
 60代2,451,600円– 442,200円

高卒の男性と女性の年収は、50代時点で120万円以上も差が開きます。

さらに高卒女性の平均の最高年収は、289万円と大卒の初年度の年収よりも低い金額になっています。
高卒女性の平均年収が低い理由は、年代ごとの昇給額の平均が約16万と非常に低いからです。
高卒男性と比べてみると、32万も差があります。

初年度の年収も低く、年代ごとの昇給額も低いことから、女性は大卒の学歴を持っていた方が年収はかなりアップするでしょう。

ナンバ先輩

大卒女性の平均年収が約350万やから、これでやっと高卒男性と同じぐらいやな...

性別で業界の平均年収が変化する

スクロールできます
業種合計:平均年収男性:平均年収女性:平均年収
電気・ガス・熱供給・水道業4,824,000円4,964,400円3,918,000円
学術研究,専門・技術サービス業4,626,000円4,994,400円3,747,600円
情報通信業4,545,600円4,826,400円3,774,000円
教育・学習支援業4,532,400円5,239,200円3,798,000円
金融業・保険業4,488,000円5,767,200円3,453,600円

全体と高卒女性では「電気・ガス・熱供給・水道業」が年収1位になりましたが、高卒男性では「金業・保険業」が1位になりました。
専門技能・知識やインフラ系は、年収が高い傾向にあるようです。

金融業は初任給こそ低く、はじめは他業種と比べて年収が低い傾向にありますが、年収の上がり幅が大きいので、平均年収も高いです。

高卒男性と高卒女性で稼げる業界に違いが出ましたが、総じて教育・学習支援業は高年収にランクインしていました。

教育・学習支援の業種例を見てみよう!

・学校などの教育期間

・職業訓練施設

・学習塾

・書道教室

・外国語会話教授業

・スポーツ,健康教授業…etc

ナンバ先輩

スポーツ教室とかやったらワイもできそうやで!

スクロールできます

【3選】年収を一気に変える方法

専門性を高めて年収アップ

年収をアップする方法として、専門的な知識をつけることが挙げられます。
専門的な知識を持っている人は、企業に重宝されますので、年収が高くなる傾向があります。

例えば、専門的な資格を必要とする職業として、プログラミングやWebデザイン、マーケティングなどがそうです。

これらの職種は一つの会社に依存する知識ではなく、様々な会社で必要とされます。
だからこそ、他社にとられないために、企業は給料を高くして、あなたを評価してくれます。
このように、一つの会社に依存しないような専門スキルは、より需要の高い人材として評価されるでしょう。

また、資格を取得すると、企業から資格手当が支給されます。
資格手当の平均は1万8800円ですので、資格を取得するだけで “年収を約23万も上げる” ことができます。

私たちは、高卒・フリーターの方向けに
転職サポートを行う”転職エージェント”です!

\\\ ご応募はこちらから! ///

会社を変えて年収アップ

年収を上げる方法の2つ目は、年収の高い会社・業界、大手企業に転職をすることです。

業界によって年収の相場は変動します。
そのため、上記で解説した高年収の業界に転職することで、年収を上げることができるでしょう。

「転職活動がうまくいくか不安」と思う人もいるかもしれませんが、今の会社で実績を残していれば、採用企業は評価をしてくれます。
例えば、業界が違っても、同じ営業職であれば、前職の成績を評価してくれるのです。

今の会社で実績を出すことで、社会にとって需要の高い人材になり、より年収の高い会社や業界にキャリアアップしていきましょう。

また、中小企業よりも大手企業の方が年収が高い傾向にあります。
ただ、大手企業は人気も高く、応募資格として「大卒以上」としているところが少なくありません。

そのため、高卒から大企業に転職したいのであれば、下記のような方法があります。

契約社員から正社員を目指す。

同じ業種・業界の中小企業で実績を残す

ナンバ先輩

大手企業に入る方法は、面接だけじゃないねんな

学歴で評価をさせずに年収アップ

年収を上げる方法の3つ目は、実力主義の業種・会社に転職することです。

実力主義の業種・会社では、学歴ではなく実績だけを見てくれるので、高卒の方も学歴に関係なく評価をしてもらえます。
実力主義の業種としては、下記のような仕事が挙げられます。

実力主義の仕事:【営業職】

営業職とは、自社の商品やサービスを提案し、購入してもらうことで売上を創る職種です。

営業職には、インセンティブ制度があり、自分が挙げた売上に応じて、給料がもらえます。

例えば、不動産売買を例に出してみると、3000万の物件を販売して、インセンティブ率が3%だとすると、90万が基本給とは別で支給される金額(インセンティブ金額)になります。

このように営業職では、インセンティブ制度で、高卒の方も学歴ではなく、実績で評価をしてもらえます。

スクロールできます

実力主義の仕事:【ITエンジニア】

ITエンジニアでは、IT業界の専門職であるため、学歴よりも実績が評価されます。

大卒であっても、全員が医者や弁護士になれるわけではありませんよね。
それは医者や弁護士が専門職であり、専門的な知識やスキルが必要とされているからです。

ITエンジニアのスキルも同様に、学歴だけでは判断することができません。

そのため、ITエンジニアでは、高卒の方も学歴ではなく、実績や実際のスキルで評価をしてもらえます。

スクロールできます

実力主義の仕事:【コンサルタント】

コンサルタントとは、主にクライアントが抱えている問題を解決するために、具体的な方法や道筋を提案するお仕事です。

経営方針や戦略に関係するため、専門的な知識や高度な問題解決能力が求められます。

そして経営方針や戦略に正解はありません。
コンサルタントは、知見や経験、データをもとにクライアントの経営課題を解決していきます。
そこに学歴は関係ありません。

だからこそ、学歴よりも実績が評価されるのです。

まとめ

高卒の年収について、大卒や高卒女性、業界など、様々な視点から比較をしてきました。
高卒と大卒の年収の差は、どうしようもありませんが、転職や資格などで、今よりも給料を上げることはできます。

高卒の方で、年収を上げたいという方は、今回の記事の最後にも解説したところから、自分に合った方法を探して、今よりも高い年収を目指してキャリアアップをしていきましょう!

ナンバ先輩

ワイは、もっとお金ほしいから転職して、資格も取ろうっと!

未経験からの転職を叶えるなら‼

こんなサポートが受けれる!

未経験に特化した履歴書作成や面接練習などの選考対策!

40,000件の求人からあなたに合った企業が見つかる!

いつでも、どこでもLINEや電話で相談できるから安心!

この記事を書いた人

キャリアアドバイザーをしています!
営業・事務・エンジニア
施工管理など幅広く転職を支援!

転職だけにかかわらず、
仕事に関する悩みや
アドバイスに関する記事を投稿します♪♪
トイレで踏ん張ってるときなどに
見てみてください(笑)

⇩趣味⇩
散歩(最低2時間) , 筋トレ(サボり気味)

⇩特徴⇩
カップルのイベントが近づくと怯えだします。

コメント

コメントする

見たい場所から見れるよ!